12ヶ月の試練

ボートレーサーを志す者たちはみな、「ボートレーサー養成所」の門を叩く。規律の徹底した寮生活の過酷さには、耐えきれず退所する者もいるほど。残った訓練生たちは12ヶ月の試練に耐え、自らの夢に向き合いながら技を磨く。憧れを形にするために。

プロになるための12ヶ月

福岡県柳川市にある「ボートレーサー養成所」はボートレーサーを志す者たちの登竜門。1年間の過酷な養成所生活を耐え忍んだものだけがレーサーとしてデビューできる。

1年間の養成所生活は、約50名の同期と共に過ごす全寮制。毎日朝6時に起床し、夜10時には就寝。規律正しい集団生活の中で、学科や整備技術などレーサーとして必要なスキルを徹底的に叩き込まれる。そのうえ、進級試験で結果を残せなければ容赦なく退学となる厳しい世界だ。養成所を去ることは、ボートレーサーを諦めることと同義。訓練生たちは毎日神経を張り詰めて課業に臨んでいる。

永井彪也選手

そんな養成所の入所試験に5度目で合格し、厳しい寮生活を耐え抜いて2011年にデビューした永井彪也(ひょうや)選手。中学2年生の頃、従兄弟の後藤翔之選手に誘われてレースを観戦し、あまりの迫力に魅了され「自分もやってみたい」と、ボートレーサーを志したという。

「ボートレーサーは僕の憧れでした。また、レーサーになって母を支えたかったという気持ちもあります。養成所での12ヶ月は、辛いことも楽しいことも合わせて濃密な時間でした。12ヶ月は長く感じましたが、培った技術を練習の中でフィードバックして成長していく毎日は、とても実りあるものでしたね」

養成所時代の経験が生きた、デビュー戦の6コース

永井選手は養成所を卒業し、2011年11月にボートレース平和島でプロとして初のレースに臨んだ。6艇で行われるレースは、小さい番号ほど内側に近く、大きな番号ほど外側に並ぶ。インコースのほうが走行する距離も少なく段違いに勝率が高い。アウトコースは走行距離も長く、先行者の起こした引き波により減速しやすくなる。

すなわち6号艇がレースにおいて不利な条件になることは間違いなく、ベテラン選手でも大外の6コースからの勝利は難しいとされている。そして、養成所を卒業したばかりの新人選手はレースに慣れる意味を込めて、6号艇からキャリアをスタートするのが暗黙のルールになっている。永井選手も例外ではない。

しかし永井選手は不利な位置でのレースにも関わらず、デビュー戦でなんと2着の成績を残している。これは、養成所を卒業したばかりのレーサーとしては驚くべき成績だ。

永井彪也選手

「アウトコースから好成績を残せたのは、養成所の同期の存在が大きいですね。僕たちの代はデビュー後を見越して、本番で勝つ練習を徹底的に行なっていました。目的は養成所で勝つことではなく、プロとしてレースに勝つこと。同期全体がその意識を持って訓練に打ち込んでいたんです。だからこそ初めてのレースで2着をもぎ取れたんだと思います」

目標は師匠にグランプリで勝つこと

デビュー早々にポテンシャルを見せつけた永井選手は、1ヶ月後に5号艇6コースから初勝利を飾っている。実戦で経験を重ねて技術を磨き、2017年にはレーサーとして最上級の「A1」クラスへ昇格。2019年には若手レーサーナンバーワンを決める『第6回ヤングダービー』でGⅠ初優勝を果たしている。その後も一流選手がしのぎを削る競走に次々と出場し、存在感を示す永井選手。今や若手レーサーの憧れとなり、ファンの期待を背負いながら全国のレース場を駆け抜けている。

そんな彼の座右の銘は『明日はないと思え』。レースで大きなケガをしたとき、ふとこの言葉が浮かんできたという。強気な攻めと虎視眈々と勝利を見据える冷静さが特徴的なレーススタイルは、一回一回のレースに真剣に挑む、永井選手の信条に裏打ちされたものである。

養成所を卒業して10年。これから永井選手が目指す目標は。

永井彪也選手

「やはり目標は、年末のグランプリに出場することです。もうひとつ付け加えるなら、僕にボートのいろはを教えてくれた師匠の中野次郎選手と共に出場し、なおかつ僕が勝ちたいですね」

「養成所を卒業したから言えますけど、やり残したことはいっぱいあります。プロペラ技術をもっと磨いておけば今より上のステージにいたのかなと思うことも。養成所を卒業して今でこそ大きなレースに出させてもらえるようになりましたが、僕はまだまだ『追う側』。逆境でも果敢に攻めて、ファンのみなさんに喜んでもらえるレースをしたいです」

永井選手はこれからもより高みを目指し、夢の舞台へと突き進むのだろう。目標を達成する日はそう遠くないのかもしれない。

ボートレース芸人・永島知洋に聞いた永井選手

ボートレース芸人・永島知洋

爽やかなルックスが印象的な永井選手。普段はシャイな性格だが、レースでの強気な攻めはファンからの信頼も厚い。師匠との仲の良さも語り草で、ともに今後活躍してくれるのが楽しみだ。大のラーメン好きで知られ、最近では体重管理のため、つけ麺の麺を蕎麦に変えて食べているそう。

永井彪也(ながいひょうや 1992年11月15日生)

登録番号4688 身長165cm 
109期 東京支部所属
甘いルックスに注目されがちだが、デビュー僅か3年で初優勝したり、
GⅠ初優出で初優勝を飾ったりと、実力の高さにも定評がある。

永井彪也選手