365日の戦い

ボートレースに「オフシーズン」は存在しない。全国24カ所のレース場でほぼ1年中、激しい水上の熱戦が繰り広げられている。ボートレーサーは勝利の栄冠を手にするため、コンディション管理や自己研鑽を重ねながら日々を生きているのだ。

戦いに明け暮れる365日

サッカーや野球など、ほとんどのプロスポーツリーグでは、試合が集中的に行われる「オンシーズン」とコンディションを整える「オフシーズン」が明確に分かれている。しかし、ボートレースにはそういった長期の「オフシーズン」はない。

通常4〜6日、最大7日間の「節」単位で開かれる全国各地のレースに、選手たちは出場している。一節が終われば、すぐまた次の開催地へと全国を飛び回る日々。その合間に、レースの反省とフィードバック、最低体重制限を意識した体調管理、次のレースで勝つために必要なメンタルの調整を行う。365日間、ほぼ休みはない。

オフシーズンのような長期のインターバルは、スタートでのフライングなどによるペナルティとして与えられるか、自らの意志でレーサーとしての活動をストップさせない限り、決して訪れることはない。当然、その間の獲得賞金はゼロになり、収入源は絶たれる。その上、年末に行われる「グランプリ」および「クイーンズクライマックス」といった、その年の獲得賞金ランキング上位が出場できるビッグレースなど、活躍した選手たちが集うレースへの出場が遠のいてしまうのだ。

画像

これだけハードな世界で30年以上、生き残ってきたボートレーサーがいる。1985年にデビューした日高逸子選手は、過去2度の出産とレース中の負傷による休養以外に大きなインターバルを挟んだことがない。2018年の出走回数は318回。これは女子最多であり、全レーサーでも6位の記録である。

「出走回数が多いのは、あくまでもレースに出続けていた結果に過ぎません。ボートに10日間乗らないだけで感覚が鈍るので、できるだけ休みを挟まずに乗り続けたかったんです。そもそもボートレーサーにとってレース本番は、自分を成長させる最高の練習になりますから」

結果を出すために、誰よりもボートに乗り続けたい

そんな日高選手は、ボートレースの最高位「SGクラス」のレース出場回数で、歴代女子1位をマークしている。2014年には、その年の賞金女王をかけて競う頂上決戦「クイーンズクライマックス」で見事優勝を果たした。長期に渡って結果を出し続ける彼女についた異名は「グレートマザー」。しかし、当の本人は自身を「あまり上手くない選手」と評する。

画像

「若くてセンスのあるレーサーの走りを見ると、『私にあのターンはできないな』と思ってしまうことがあります。もしできたとしても、何回かのレースのうちで1回や2回程度。その中で良いターンの確率を上げるためには、とにかくボートに乗り続けるしかありません。それに、ボートレーサーは歳を取ると感覚が鈍くなり、どうしてもスピードが落ちてしまいます。若い選手たちと並んで戦い続けるためには、むしろベテラン選手のほうが練習しないといけません」

新しい目標を見つけ、引退を考えるのは止めた

現在57歳。50歳を超えたばかりのころは体の不調もあり、思いどおりの走りができない時期もあったという。しかし、新しい目標を掲げることでボートレースへの情熱が再燃し、一節一節を大事にしながらレースに打ち込んでいる。

「私は、目標がないとモチベーションが維持できないタイプなんです。結果が出ない時期は、引退を考えたこともありました。でも、2014年にクイーンズクライマックスを獲り、まだ現役でやれる自信が湧いてきた。『女子最年長レーサーになる』という新しい目標を立てたのもその時期ですね。これをきっかけに、引退を考えるのは止めました」

画像

現役生活を続ける限り、ボートレーサーがボートレーサーでなくなる瞬間はない。ストイックなグレートマザーは最年長女子レーサーの座を目指し、今日もボートに乗り続けるのだろう。

※出走回数には選手責任外の事故は含んでいない
※年齢等は2019年1月時点の情報

ボートレース芸人・永島知洋の視線

画像

日高選手はすごくマイペースで、どんなコンディションでも良いレース運びが期待できる選手。出場実績はもちろん、宿舎やレース場では常にやることを見つけて行動するストイックさが印象的だが、これは日高選手にとってはごく当たり前のことなのだろう。ノーマークのレースでも最終的に着順に絡んでくる安定したレーススタイルに、ファンからの信頼も厚い。

日高逸子(ひだかいつこ 1961年10月7日生)

登録番号3188 身長155cm 56期 福岡支部所属
2人の子供の母であり妻という顔をもつ現役トップレーサー。その生き様から「グレートマザー」のニックネームを持つ。

画像