1位への挑戦

ボートレーサーはみな1位の栄冠を目指す。勝利の実績を積み重ねることで、より高いグレードのレースへ挑戦する権利が与えられるのだ。より高みを目指し、選手たちは執念を燃やしている。

史上最年少でレディースチャンピオンの座に

ボートレースの試合は「SG、GⅠ、GⅡ、GⅢ、一般戦」の5つのグレードに分かれている。中でも最高峰の「SG」競走は、熾烈を極める競走で勝ち続けてきたひと握りの選手のみが参加することができる。常に1位を目指さなければさらなる高みへ上がることはできないのだ。

競走に優勝した対価として与えられる賞金は、「GⅠ」のレースでは480万から1,500万円、「SG」では最高1億円にものぼる。ボートレーサーにとって、獲得賞金やタイトルは自らの強さを誇る勲章だ。若きルーキーも老練のベテランも、勝利へ向けて水上をひた走る。

大山千広選手

大山千広選手は、2019年8月に蒲郡で開催された女子レーサーのみのプレミアムGⅠ競走「第33回レディースチャンピオン」で、初出場でありながら優勝を飾っている。当時23歳、史上最年少での白星は歴史的な快挙だった。

「優勝したときは、素直にうれしかったです。ずっと欲しいタイトルでしたし、そこから上位のレースへ繋がるものが大きかったので。しかし周りから称賛の言葉をかけられるなかで、『まだまだそんなことないのにな』と自分の意識とのギャップはありましたね。その違和感にモヤモヤする中で、とある先輩レーサーから言われた、『2回獲ってからが本物』という言葉を思い返していました」

まだプレッシャーを感じる必要はない

大山選手のデビューは2015年。デビューしてたった4年でクラス最上級「A1」に登りつめ、今もなお数々のレースで勝利を重ねている。その結果、2020年前期の適用勝率(※)では女子ナンバーワンとなっている。

※ボートレーサーの級別を決めるためにある一定の期間に限定して算出した、特定の選手の勝率のこと。

ボートレースは10代から70代まで幅広い世代が集まり、駆け出しの選手と実戦を積み重ねてきたベテランが肩を並べて競い合う。大山選手は、そんな数多くの選手たちを押しのけ、若干23歳にして名実ともにトップレーサーとなった。観客からの期待やライバルからの対抗意識を一身に背負い、相当なプレッシャーを感じているかと思いきや、本人はいたって冷静だ。

大山千広選手

「レースに出ることへのプレッシャーは、正直あまり感じていません。私はまだ挑戦者の立場なので、並みいる強豪へ立ち向かっていくのにプレッシャーを感じる必要がありませんから。GⅠ競走を制したとはいえ、まだ1回目です。ゆくゆくは追われる立場にならないといけないし、そうなったらプレッシャーを感じると思いますが、私はまだまだ『追う』側なので」

女子初のSG制覇を成し遂げたい

挑戦者としてさらなる高みを目指す大山選手。女子獲得賞金ランキングでは4,924万4,000円と、2位を1,000万円以上引き離してダントツの1位を突き進む。男女混合では、1,600人を超える選手のなかで30位と、年末に開催されるボートレース競技の最高グレード「SG」の「グランプリシリーズ」へ女子唯一の出場の芽が出てきている。(※2019年11月現在)

男女の垣根を越えて破竹の勢いで活躍を続ける大山選手。しかしながら、これまでの結果に彼女はまだ満足していないという。

大山千広選手

「私は目標を自分のなかですごく高いところに設定しています。今の目標は、SG競走を制した初めての女性選手になること。GⅠのレースで勝つことでも、レディースチャンピオンでもなく、目標はあくまでもSG競走で優勝することです。今現在の結果に満足せず、自分がどこまでいけるのか。その可能性を楽しみにしてレースに取り組んでいます」

自身の目標に向けて着実に歩みを進める大山選手。若き新鋭がSGを制覇するのは遠い話ではないのかもしれない。

ボートレース芸人・永島知洋に聞いた大山選手

ボートレース芸人・永島知洋

大山選手は若くして周りのレーサーたちからも認められている、かなりの実力者。思い切りのいいレースを展開し、思わぬところで勝利に絡んで我々を驚かせてくれる。高い目標に裏付けられたプレースタイルからは今後も目が離せない。

大山千広(おおやまちひろ 1996年2月5日生)

登録番号4885 身長161cm 
116期 福岡支部所属
ボートレーサーの母親に憧れを抱きこの世界へ。艇界初の母娘ボートレーサーとして、デビュー時から注目を集めていたが、その期待に応える活躍を見せている。 

大山千広選手