イヌタビューはじめます!ボートレーサーにわんちゃんがリモート取材!?西岡姉妹後編

前回の振り返り

西岡姉妹にイヌタビューをしている、
トイプードルのプリンと、
パピヨンのびす太

プリン びす太

前回は、愛犬のマロンちゃんの話などを通じて、
お2人の仲の良さが伺えました!

さて、今回は、2人が
ボートレーサーになったきっかけ
などについて、聞いていくようです!

びす太、ふざけてないで、
しっかりインタビューするんだよ!

よし、気を引き締めるぜ!帰宅部からボートレーサーに! きっかけは生観戦!

育未選手が先にボートレーサーになったわけですけど、高校時代もバリバリの体育会系だったんですか?

いえ、生徒会とボランティア部に所属してました(笑)。

ただ、運動神経はよかったんです。たまたま父がボートレース好きで、存在自体は昔から知っていました。

ふむふむ。

高校3年生になって、進路を考えるタイミングで、父と一緒にボートレース場に行ったんです。そこで生のレースを観た瞬間、あまりの迫力に感動して、一瞬でボートレースに心を奪われました。

それでボートレーサーになろうと?

はい。最初はボートレースに触れたいという思いから、「ボートレース住之江」(大阪府のボートレース場)で、アクアコンシェルジュという接客スタッフの仕事をしていました。その後、試験を受けて、ボートレーサーになったんです。

アクアコンシェルジュ時代の西岡育未選手

すごい! 夢を叶えたんですね。

成美選手は、そんな育未選手の姿に感化されたワンか?

そうですね。ただ、私はなかなか試験に受からなくて、就職活動のタイミングと、5回目の試験のタイミングが重なり、「これで駄目なら諦めよう」と決めて臨んだ試験で、ようやく合格することができました。

試験に合格するのはプロの入口。ボートレーサーになった現在、トレーニングなどもされていますか?

はい。私は最近、週1ペースで、マンツーマントレーニングによる下半身強化に励んでいます。水面で安定した操縦をするためには、下半身の踏ん張りが必要なんです。私はもともと体重が軽く、その課題を解決したいと思い、始めました。

トレーニングの成果は出てるワンか?

そうですね。以前より踏ん張りがきくようになりましたし、腰痛も軽減されました。それと、ヒップアップにもつながりました! おしりがぷりっとなりましたよ!

ぷりっとした、おしりの、プリン……。

(笑)。

トレーニングに励む育未選手

食事も意識されてるんですか?

スポーツのための食事学「アスリートフードマイスター」の資格を取得して、栄養バランスのいい食事を日々心がけています。特にメインのおかずは、ステーキ(肉)や焼き魚といった、筋肉を作る、たんぱく質が豊富なものを食べるようにしています。

えー、すごいワン!

成美選手は、どんなトレーニングをしてるんですか?

私は、主に体幹トレーニングをしています。ボートはバランスが重要なので、体幹が強くないと、うまくコントロールできないんです。体幹トレーニングを始めてからは、身体がブレにくくなったように感じています

食事はどうワン?

気をつけてます。ラーメンが大好きなんですけど、「月に1回まで」と決めて、我慢しています!本当はほかにも、お寿司や焼き肉も大好きなんですが、食生活が偏らないように注意しています。

ボートレースは 厳しい世界。だからこそ、 勝ったときの 喜びが大きい

おふたりは、レースに臨む際の「マイルール」のようなものはあるんですか?

私はレース場に、大好きなキャラクターのぬいぐるみをいつも持参しています。レースの前は必ず、ぬいぐるみに「がんばってきます!」と言ってから臨んでいます。

それ、知らない人が見たら、ちょっと心配になりそうワン……。

ですので、人に見られないように、柱の影でこっそりやってます(笑)。

周りのレーサーもレース中はライバルだし、レース前は、自分で自分を鼓舞しなきゃですもんね!

そうですね。

ボートレーサーは、みんな勝つために必死ですし、成績が悪ければ、最悪クビになることだってある厳しい世界です。だからこそ、勝ったときの喜びは大きいですし、やりがいもあります。

その喜びも苦しみも、もしも育未選手がこの世界にいなかったら、知ることができなかったかもしれないですね。

そうですね。姉がいないなんて、考えたこともないですし、あまりに当たり前のことになっているので、想像もできないです。ただ、きっとまるで違う人生を歩んでいたんだろうなとは思います。

私も想像できません。いまだって、妹がいるから寂しくない瞬間がいっぱいあります。妹がいてよかったなとしか思えないですね。

支え合い、思い合う西岡姉妹。その間で揺れ動く、びす太でございます。

大丈夫。悩んでるのは、びす太ひとりだから。

では最後に、「イヌタビュー」の読者へメッセージをお願いします!

私の目標は、A級昇格です。カッコいい女性が水上を駆け抜ける。その姿をぜひ、女性にも、ボートレース場で見てもらえたらうれしいです。きっと想像以上の興奮と、迫力が待っているはずです! そしてもし応援してもらえたら、とってもうれしいです。全力で走ります!

水上を駆ける、レース中の西岡育未選手

私も、A級昇格を目指し、日々がんばっています。私は5回目の試験で合格できました。だからまずは、どんなこともチャレンジが大事だと思っています。ボートレース観戦も、まずはチャレンジです。ちょっとでも興味を持ってもらえたなら、ぜひ一度ボートレース場に足を運んでみてください!一生懸命走ることをお約束します!

スタート前、集中力を高める西岡成美選手

あの、びす太からも最後にひとつお願いがあるワン!

け、け、結婚してください!

……ごめんなさい(笑)。

編集イヌ後記

ふたりとも、美人だし、トークも上手だし、楽しかったね。

異論ないワン。だが、なぜ、びす太のプロポーズを断ったのか……。

知ってる? 人と犬は、結婚できないんだよ。

とても仲が良く、気さくな西岡育未選手と、西岡成美選手。2人のレーサーとしての魅力を大いに感じた、プリンとびす太でした。

香川素子選手編はこちら