イヌタビューはじめます!ボートレーサーにわんちゃんがリモート取材!?香川素子選手前編

もしかして世界初!?

犬さんたちのリモート取材

トイプードルのプリンと、
パピヨンのびす太は、
ボートレースが大好き!

プリン びす太

そんな2匹が、ボートレーサーの
皆さんの様々な魅力を探るために、
なんとリモート取材をしちゃいます!

今回は、ママさんレーサーとして活躍中の
香川素子選手にイヌタビュー!

さて、2匹はしっかり話を
聞けるでしょうか。

レッツゴー!ボートレーサーに なったきっかけは、 「なんとなく」!?びっくり!

AIによる、犬語の同時通訳機能を利用しているため、今回の「イヌタビュー」は、リモート取材で行われました

香川さん、こんにちは!

今日はよろしくワン!

わー、ほんとに犬がインタビューしてるー。かわいい!

その反応からするに、香川選手は犬と猫なら、犬派女子だワンね。サンキューワン!

ご、ごめんなさい……。

私……、猫派なんです!

いやでも、犬も好きですよ!

……ま、まあいいワン! びす太は器がBIGだから許すワン。でも、今日はガンガン切り込んでいくから覚悟するワンよ!

それ、許してなくない?

その代わりに、今日はなんでも答えちゃいますよ!

イエーイ! そうこなくっちゃだワン!

あ、機嫌直った(笑)。

では早速。まずは香川選手のことを教えてください。どうしてボートレーサーを目指そうと思ったんですか?

父の知り合いの息子さんにボートレーサーの方がいて、「目指してみたら?」と言われて、何となく(ボートレーサー養成所の)入所試験を受けたのがきっかけです(笑)。

え?

だからボートも、試験まで見たことなかったんです……。

それで受かっちゃうなんてすごいワン。

ただ、二次試験で初めてボート乗ったときに「むっちゃ楽しいじゃん!」って思ったのをよく覚えています。

わかる! びす太も初めてドッグフード食べたとき、「むっちゃうまいじゃん!」ってなったワンよ。

はははは。これまで知らなかった「楽しい体験に出会った」という意味では、似ているかもしれませんね(笑)。

それでボートレーサーになることを決めたのね。

いや、養成所って、朝6時から乾布摩擦とかあるし、「絶対に嫌だ!」って思いました……。ただ、その年、300人女性が受けて、受かったのが3人。その中のひとりに選ばれたので、「せっかくだし」と覚悟を決めて、この世界に飛び込みました。

なるほどワン。その瞬間、大阪府出身の香川選手は、「私、ボートの天才ちゃう? 天下取れるんちゃうかな?」って思ったワンね。

え?(笑)

違うワンか?

うーん、「向いてるんちゃうかな?」くらいは思ったかもしれません(笑)。

やっぱりワン! 以来25年、女子ボートレーサーとして、水上を駆け抜けているワンね。

第一線で活躍し続けているけど、大変なことはないの?

ボートレースはスピードが約80km/hにもなるので、ボートが波の影響を受けてバンバン暴れるんですよ。これを抑えるには、かなりの筋力が必要で大変なんです……。

レースでボートに乗っているだけで、自然と鍛えられちゃうんです!この通り!

おぉー!

腕がスジ張ってるー! きれーい!

でも、びす太も負けてないワン! ほら!

負けてるよ、びす太……。

ボートレースは体重が軽い方が有利なんですね。だけど私は過度にトレーニングをすると筋肉がつきやすくて、すぐに体重が増えてしまうんです。
食事にも意識していて、体重維持の為、食事は1日2食。お風呂はなるべく多く入ることで、代謝をよくすることを心がけています。

チキショー! アスリートはやっぱりすごいワン!

はははは。ありがとうございます。アスリート全般に言えることですが、自分に合った体の作り方が大事なんだと思っています。筋肉をたくさんつければいい、痩せればいい、はひとつの手段なので、どうやったらレースに勝てる体になれるか、を考えています。

体作りひとつとっても、奥が深いのね!

そうですね、体が資本なので。だから休日は、身体のメンテナンスは欠かしません。必ずマッサージを受けに行っています。

さすがだワン。日々、しっかりと自分の身体と向き合っているワンね。

若い女子レーサー からは 憧れの存在!!すごーい!

見た目も若々しくて、きれいな香川選手。日頃から何かケアしてるの?

ありがとうございます(笑)。レース場では、顔の表情筋も鍛えてくれる、この美顔器を使っています。

へー、いいなー。びす太も使ってみたいワン!

無理無理!

なんで?

どうやって持つつもり?

あ!

(笑)。ちなみに、若い女子レーサーからも「それなんですか?」って、よく聞かれるんですけど、教えてあげると、大抵みんな買いますね(笑)。

よっ! なにわが生んだ、ボートレーサー界の「美のカリスマ」!

ありがとうございます(笑)。

香川選手、満更でもなさそうですね……!

はい。褒められたら、そりゃうれしいですよ。

その相手が、びす太となれば、天にも昇る心地ワンよね。

いや、そこまででは……(笑)。

……。

実は、息子さんもボートレーサーなんですよね。

はい!

当時、妊娠・出産の期間、レースから離れることに不安はなかったですか?

不安しかなかったですよ(笑)。いまでは「ママさんレーサー」も増えましたけど、当時は「出産したら引退」というのが一般的でしたから。でも私は、「産んだら復帰しよう」と決めていました。まだ23歳と、若かったですし。

周りで、出産後もレーサーを続けてる人はいたワンか?

ほとんどいなかったですね。だから、いろんな声も聞こえましたけど、ぜんぶ無視しました(笑)。

出産後、ボートレースに復帰。現在は「ママさんレーサー」としても注目される香川選手

くー、カッコいいワン!

本当ね。香川選手を慕う若い女子レーサーが多いのは、「ママさんレーサー」としての道を切り拓いたからなんでしょうね。

うーん、どうなんでしょう。ただ、若い女子レーサーから、「お母さん」扱いされることは多いかもしれないですね(笑)。

笑顔で後輩との関係を語る香川選手

ママー!

ん、突然どうしました? わんちゃんを生んだ覚えはないですが(笑)。
もう、かわいいなー。

出産を機に、レーサーとしてもパワーアップしたという香川選手。その理由とは?

香川素子選手後編につづく
西岡姉妹編はこちら