吾輩猫がゆく!ボートレース場とやらをのぞいてみた。

吾輩は、ニンゲンたちの言葉を借りるならば「鳴門」という場所を縄張りにしている。じつは、前から気になっている場所があるのだ。それは、ボートレース場というところだ。ニンゲンどもが、水辺に浮かぶ動く箱を楽しそうに見つめているのだ。今日は、とことんその場所を探ってやろうじゃにゃいか。レッツゴー!

ふむ、これが入り口か。

なかなかに立派ではないか。こんな大層なものを作るということは、それほど楽しいものなのだろうか。。

よし、行くにゃ!

おお!中はキレイだぞ!

上にも何かあるのか…

建物の中は、なかなか居心地が良いではにゃいか。おや、外から何か音がするにゃ・・・外に行ってみるかにゃ。

気持ちいいにゃ~

なかなかの景観じゃにゃいか。目の前に掛かるのは小鳴門橋(こなるとばし)、その奥にあるのは大毛島(おおげじま)の三ツ石山(みついしやま)だにゃ。吾輩、鳴門に詳しいにゃ。

ニンゲンはここで、いったい…

あれは、にゃんだ!?

あの水の上を走っているのは、にゃんだ!?

ものすごいスピードにゃ!あの箱の上に、ニンゲンが乗っているにゃ!
よし、あれが帰っていく場所に行ってみるにゃ!

にゃ?さっきの箱がいっぱい!

ここはいったい、、、先ほどすれ違ったニンゲンは、ここのことをピットと呼んでいたようだったにゃ。。吾輩の友人にピットという名前の奴がいるが、それとは違うのだろう。

こいつは、ただものじゃないぞ

にゃにやら、真剣な表情をしている青年がいるにゃ。こやつは、他のニンゲンにはにゃい、凄みを本能的に感じるぞ。

どれ、あの青年が何をするのか見てやろう

ここからだと、少し上から水辺が見られるから、ちょうど良いにゃ。

にゃにゃにゃ!

なんと、あの青年が一番速いぞ!しかし、あの青年だけじゃにゃく、他の奴らもずいぶんと速い!ものすごい迫力にゃ!

びっくりしたら、おなかが空いたにゃ

いい匂いがするにゃ!

おお、にゃんと。たべもの屋もあるのか。ニンゲンたちもここで腹を満たしているのか。ボートレース場とやらは、何でもあるんだにゃ。

あれはにゃんだ!?

ずいぶんおいしそうな匂いがするにゃ。吾輩の好きなさかなのようなものを焼いているぞ。

さかな?

なんだ、この不思議なさかなは?「なるちゃんたいやき」とお店の人は言っているが、、みんなおいしそうに食べているにゃ。

ふにゃ~ねむいにゃ

ちょっとここらでひと休みするかにゃ。どれ、このテラスとやらで少し寝ようかにゃ。

よし!探検のつづきにゃ!

また、この不思議なさかなだ

ここは、、キッズルーム?ふむ、ニンゲンの子どもが遊ぶところだにゃ。おもちゃや本があって楽しそうだにゃ。

ふむ。小さい子どもも楽しめるにゃ

ボートレース場とやらは、ニンゲンの大人でも子どもでも楽しめるところにゃのか。どうやら、ニンゲンは本当にこの場所が好きらしい。

みんな、楽しそうにゃ

この場所で働いている人たちも、みんな笑顔だにゃ。にゃんだか、この場所はしあわせな場所らしいにゃ。

ねこねこフェスティバル

にゃにゃ?「ねこねこフェスティバル」?どうやら吾輩以外にも、このボートレース場が気になっている猫がいるらしいにゃ。

さてさて、そろそろ、このボートレース場とやらにさぐりを入れるのを終わりにしてやろう。どうやら、ニンゲンというやつらは、このボートレースが至極好きらしい。吾輩も何やら、このボートレースというものに、そして、そこに興じるニンゲンに、もっと興味をもってしまったようだ。そこのニンゲンよ、君もボートレース場に来てみたまえ。

吾輩猫オレンジくんのキュート&癒し動画集 たわしくんもいるよ

今回、鳴門のボートレース場を紹介してくれた猫のオレンジくん。じつは、撮影の合間にいろんなところで、キュートな姿を見せてくれました。いっしょに鳴門に来ていたお友だちのたわしくんもゲスト出演。そんなかわいいオレンジくんとたわしくんの姿を、ぜひ、ご覧ください。

注意事項
  • 本撮影は広告宣伝のために特別な許可を得ています。
  • レース場内に動物を持ち込むことはできません。
  • 一般の方は競技部へ立ち入りできません。
  • 場内及びフードコートでは、衛生面に配慮の上撮影を行っております。
  • 動物は専門家の指導のもと安全面に配慮した適切な撮影を行っております。

みなさん、どうもありがとうございます またどこかでお会いしましょう