CMムービー

ココロが変われば、
カラダも変わる。

4体重管理

養成所の食堂で、ボートレーサーの厳しい体重管理を体感している二人がいる。体重を3㎏減らさないといけないカミオ。逆にあと2㎏増やす必要があるハルカ。

そんな二人を心配して、食堂のおばちゃんが労いの言葉をかけるのだが、二人はその言葉に奮い立たされるのであった。

養成所ってこんなところ!

ボートレーサーにとって
体重管理は、
勝つための技術のひとつ!

体重が軽いとボートのスピードが
出やすくなるので、
ボートレーサーは、常に食事に
気を使い体重管理をするんだ。

無理な減量で体調を崩さないため、
男子52kg、女子47kgの最低体重が
設けられている。

体重を減らさないといけない
選手もいれば、増やさなければ
ならない選手もいるんだ。

「減らす」だけが、
体重管理ではない。

男子52kg、女子47kgの最低体重。それはつまり、体重が軽い選手は、体重を増やす努力が必要ってこと。もし規定の体重未満だった場合は、不足分の重りをつけて調整するんだ。重りは動きにくくなるから嫌がる選手が多い。けれど体重を無理に増やすと、それも身体の動きを鈍くしてしまう。勝つためにベストな体重を見つけ維持する。それがボートレーサーにとっての体重管理なんだ。